サイクルショップ店長のひとりごと

Archives

You are currently viewing archive for September 2019

2019/09/26: スペシャライズドのE-Bike

null
スペシャライズドのE-bike見て、聞いて、乗ってきました。

null
重量約12kg
モーター、 バッテリー 共に約2kgという、かなり軽量化が進んでいます。以前はモーターが3kgを超える重さだったのです。
null
走行距離190km(ボトル型サブバッテリー使用約60km)
飛行機での運搬可能にする為に内蔵バッテリーを取り外し、ボトル型のサブバッテリーで走行。という方法もあります。
null
この重量なら、何とか車の上にも載せれそう。

今までのE-Bikeとの違いは、アシストのタイミングを漕ぎ出しではなく実際に走行を初めて、60回転以上のケイデンスから力強く
アシストをしてくれる点。
これは実際に乗ってみると、その恩恵がよく分かる。
価格はS-WORKSモデルで150万円くらい、通常モデルで75~100万円くらい、クロスバイクが30万円くらい。

実際に市場に出回りだすのは・・・・・年内。。。。


Category: ひとりごと
Posted by: なかやま店長

2019/09/24: TEST

TEST


Category: ひとりごと
Posted by: なかやま店長

2019/09/21: ロードバイクスキルアップセミナーについて

スキルアップセミナーの趣旨はあくまでもペダリング、身体の使い方などのセミナーです。
今回パイオニアの協賛ですが、パイオニアのペダリングモニターの使用方法を伝える講習会ではございません。

今ご使用頂いている、機材の使い方、設定方法などは、購入されたお店や通販サイトにご確認ください。
もしくはパイオニアの詳しい説明サイトを参照ください。

セミナー当日に基本操作などの説明の時間は有りません。

よろしくお願いします。

中山店長


Category: ひとりごと
Posted by: なかやま店長

2019/09/19: ロードバイクスキルアップトレーニング 実走編

明日 9月20日(金) BICYCLE PRO SHOPなかやまにて受付開始
先着30名


null
今年の2月に福田氏を招いて行った、スキルアップトレーニングの実走編です。
ペダリング解析については 北脇教授
ペダリングモニターに関してはPioneerに協賛、協力をしていただきます


会場は岡山市少年自然の家を会場にセミナーを行います

ペダリングモニターを使い、データー解析、実走の動画撮影も準備しておりますので
ご自身のペダリングについてもコメントをさせていただけるかと思います。

開催日 2019,12,8 9:00~17:00

参加費 5000円(保険・昼食代込み)

自転車保険加入者に限ります
ライトが必要です
しっかりと整備された自転車で、交通ルールを尊守し常に安全に留意してください
貸し出しペダリングモニターを用意しますが、数に限りがありますのでご希望に添えない場合もございます





Category: お勧め
Posted by: なかやま店長

2019/09/16: 2019.9.14~15 SDA王滝 100㎞

2年、天候などにより通常の大会がなかったので3年ぶりの王滝

(覚書)土曜日の朝2時に集合、3時出発、名古屋での渋滞に嵌り1時間の遅れで
お昼12時にいつもの蕎麦屋に到着。
null
ここ信州に来たらやはりお蕎麦を食べなければ!!毎年お蕎麦を食べるのが大事なルーティーン
null
その後買い物を済ませて、王滝村へ>松原スポーツ公園へ
受付を済ませる。出展ブースを回った後でいつもの宿
に向かう
null
宿に着いたらいつも通り、バイクの整備、準備。
・・・ガーミンがない!とか、クイックがない!とかワチャワチャ。いずれも見つかりました(笑
null
宿での食事は18時、19時には布団に入るくらいの感じで翌朝に備える
null
朝3時半に宿を出発、松原スポーツ公園へ、4時過ぎからバイクを並べ始める。実際には5時にコース上に並べることが出来るので、コースの外に並べる。すでにレースは始まっているんだ!(笑

null
6時前、コースに並ぶ地元の神主さん?がレースの無事を祈願して下さる中、私は急きょ、ボトルケージの位置を変えている・・・普段と違うボトルをセットしたら、リヤサスと干渉(涙
 慌てて取り付け穴位置変更。
何とかスタートまで握り間に合うという(大汗
nullnullnull
スタートです!例年とは逆の方向へ、例年ゴールとなる橋を渡る、初めてのコース
事前に渡されていた通り、登りです!毎年、CP1までに1つ山を登りますが、今回は登った後にいったん、一番下まで下り、42kmコースのスタート地点を通過して(ここで42kmにエントリーしているメンバーに応援してもらえた)
そしてもう一度登ります。毎年1つ山を登るのに長くて心が折れるのに、今年は2.5回登る・・・心が3回折れた音が聞こえました(笑

まずは650m登って下って、500m登って下って、200m登ってCP1これはきつかった。でも、途中から慣れてきた(ちょっとだけ)
CP1ではしっかり水をボトルとキャメルバックに詰めて、脱水にならないように心がける。 
そして、サドルの角度が合わなかったので修正。補給食も食べる
null
ここでスタッフの方が、次のCP2まで30㎞です~!と。
今回は早い段階で足が攣った。
2Runを摂りながら、回復、水分補給で回復を繰り返しながら走る
たぶん、暑さのせいでやや脱水だったんだろう。

null
王滝への参加での目的の一つに現場での限られた工具とパーツで修理をすること。今回はパンク修理補助を2回、チェーンリング曲がり&刃先の曲がり修正。
前日まで悩んだ工具を重いけど持って行って正解だった。
前を走る選手、妙なぺダリングをしている、近づくと!あっ!山本パパさん。「どうしたんですか」と声かけると
「チェーンガイドが絡んでチェーンリングが曲がった、自分で直そうと石でたたいたら刃先が曲がった」と
null
もともと、カセットリムーバー。それを持ち運び用に短くカット。
それでもチタン製なので少し軽い。
このチェーンが付いた方でチェーンリングを修正、刃先はチェーンカッターで駆使して、修正。何とか走り始めました。
null

null
そこからしばらく走り、・・・暑さで足が止まる。

しばらく休んで再スタート。
null
CP2に到着、ここで先行している河村さんに合流
ここでも水を補給、2Run摂取、走り出す。

null
長い100km、登りは足が攣らないようにくるくる回し、ゆっくり上る。
たくさんの方に抜かれまくり、下りはめちゃめちゃ楽しくで抜きまくり!

null
CP3で河村さんと。
ここで大失敗、CP3までにかなり空腹感が有ったので、残りの距離を頑張るために、何を思ったのか普段しないエナジーゲルを2本飲んでしまった。
走り出すと気持ち悪い。
足が止まる、降りてバイクを押す、座り込む。10分くらいだろうか?兎に角、走り出してみる。シンドイ、ペダルをこいでいれば前に進む。ゆっくり進む、徐々に回復。200mほど登り、下って100mほど登る、ここからが長い下り!!最高です、楽しすぎます!下り最高。
こうして、私の王滝100㎞が終了!
null
最後はメンバーのゴールを待って撤収。
タイムはまだ公式に出ていないがガーミンで8時間34分でした。距離は97.22㎞
獲得標高は2514m
消費カロリー5449kcal

参加した皆さんお疲れさまでした!
.


Category: イベント参加
Posted by: なかやま店長

2019/09/12: 14,15,16日は臨時休業です

今年こそは王滝に行ってきます!
100km山の中を駆け回るXCレース 長野県王滝村へ行ってきます。

かなり過酷というか長いコースなのでそれなりにトラブルが多い
パンク、チェーントラブルその他もろもろ
それに備えた準備をしていきます。
null
携帯ポンプ、予備チューブ、イージーパッチ、タイヤレバー、CO2ボンベ
チェーンカッター、ミッシングリンク、工具、ワイヤー、オイル
この他にも持っていきたいものがあるが重いので悩む。

でもこの装備を考えるのも楽しい。

という事で週末は、申し訳ございません。お休みです


Category: ひとりごと
Posted by: なかやま店長

2019/09/10: シマノ鈴鹿ロードレース2

null
初日のチームタイムトライアルにメンバーと3人で参加
今年は練習0で参加した割に、とってもきれいに先頭交代も出来、足も揃い良い感じで走れた1周目。

2周目に入ったあたりでメンバーの一人がバイクからの異音に気付く。

シケインを越えペースアップをしたところで「パンク~」・・・・

残念ながら今年の鈴鹿は良い感じで走れていたチームTTでしたが、来年に持ち越し。

なかなかいいメンバーだったので、来年も一緒に走りたい!リベンジ!

そして二日目はマスターズ50+ (50歳をその年の1/1に超えていれば参加できるクラス)
フルコースを2周 毎年展開が違う。
null
今年も集団の真ん中あたりをキープしながら、1周目
全体の動きをしっかりと観察
無茶の走りをする人が居ないか? 左右からの上がってくる流れはどうなのか?
など見ながら位置をキープ

2周目、ホームストレートでペースが上がる。
踏ん張る。 シケイン手前でペースが落ちるが先頭集団はペースアップしている
逃げられては、おしまいなので追いかける。立体交差のストレートで中切れを繋ぐ

ヘアピンコーナーでは珍しくアウト側から抜けた。
立体交差下のコーナーでインから前へ前へとジワジワ。
ダンロップカーブからS字にかけては、イン側から前へ出る予定が、ふらふら遅い人がイン側を攻めている(攻められてる感じ)
第2コーナー、第1コーナーにかけてパイロンの際を一気に上がる。
ここから350mほどのゴールスプリント、勝手にライバルと思っているY井さんの背中を追うが、追い付かない
10名以上を抜いたように思うが結果20位くらい。またしても上位入賞ならず。トップとの差3秒は大きい


Category: イベント参加
Posted by: なかやま店長

2019/09/09: E-bike欧州視察2019その2

nullnull
オランダの街を夕食前に20分ほど散策
街もしっかりと、車道、自転車道と区別されていて、自転車はたくさんの自転車が走り、日本のように逆走する人は全くいません。私たちのような観光客が自転車道をふらふらしていると「チリンチリン」とベルを鳴らされまくり(笑

null
ユーロバイクショーではとても大きな展示会場が12あり
どこも、E-BIKEだらけ
ヨーロッパは売り上げの40%はE-BIKE 価格は15万から30万位も物が多く、これからはMTB、カーゴバイクのE-BIKEが増えてくるのかな?
nullnull
これらが、日本で展開があるかどうかは別として、自転車の文化は、日本はヨーロッパからはかなり遅れていて、規制も厳しくガラパゴス状態。
ヨーロッパのような状況になるのは難しいとしてもマナーだけでも(右側通行など)改善できないのかと思う。
nullnull
ロードバイクも見た目にわからないくらい内蔵されてユニットのE-BIKEが出始めています
楽しみ方の幅が広がっています。(最大 45㎞/ h ナンバープレートが付いていたものもあった)

null
高齢者用なのか?2人乗りのE-Carが。実際に道路も走っていました。これなら踏み間違いでもダメージが少ないのでは。車がなくては、生活できないと言われる方にはこれが有れば、何とかなるのでは?

null
唯一時間が取れた、夕食後ULM大聖堂を見学。
すごく感動した。


Category: ひとりごと
Posted by: なかやま店長

2019/09/04: E-bike欧州視察2019

シマノのお誘いでオランダ、ドイツへEスポーツバイクの視察に来ています。
日本時間の日曜日のシマノ鈴鹿ロードレース終了後
三重県の白子駅まで送ってもらい、関空側のホテルに泊まり、翌朝オランダまでの11時間のフライト。
20190904-20190902expe.jpg
アムステルダム空港に到着後すぐにバスに乗り2時間半かけて
シマノエクスペリエンスセンター(フオルケンブルク)に到着。まずは併設のホテルにチェックインし、街に繰り出し夕食。この時点で日本時間明け方2時くらい。
20190904-20190903_ecross.jpg
翌朝、e-bikeで、サイクリング30㎞程
20190904-20190903_bikelan.jpg
流石、オランダは自転車が優先。自転車道、歩道、車道しっかりと区切られている所も多い、狭い道でも自転車レーンが設けられていて、車よりも自転車優先。
時間帯にもよると思いますが、サイクリングをしている老夫婦(定年後)凄く多い、皆んなe-bike
ロードバイクの集団もよく見かけましたが皆さん高齢者の方々。平地が殆ど、自転車レーンがしっかり整備されているオランダは、サイクルスポーツが普及している。
20190904-20190903_shop.jpg
サイクリングの後、バス移動で、ユトレヒトという町の巨大自転車屋に。
店の中を試乗しているのには驚かされた。





Category: ひとりごと
Posted by: なかやま店長