ANGI CRUSH SENSOR
特許取得済みのANGiセンサーは、転倒の前、最中、そして後にもあなたを保護する最初のデバイス。
あなたが必要なときに助けを呼びます。

そんなANGiの付いたヘルメットをいつもヘルメットを被って通勤しているスタッフ(山本と名越)に被ってもらう事にしました。
ANGiのテスト動画
このアラームのなっている間にスマホのストップボタンを押さなければ(押せなければ)
登録したメールアドレスに「クラッシュメール」が送信されます。
null
こんな感じでメールが届きます。

そしてこのURL をコーピーして開きます
null
私のスマホの場合はクロームで開きます。

null
するとマップが開くのですがGoogle Mapの様でそう機能は備わっていなく
ただのマップなので、このままでは、助けを求めている山本(笑)の所への道順など検索が出来ません(SPECIALIZEDさん、なんとかして!)

なので
null
画面の吹き出し部分をダブルタップして大きくします・・・「字が小さすぎて読めない!!!!!怒」

null
大きくすると緯度経度情報が長押しで選択コピーできます。

null
それをいつものGoogleMapに張り付けて検索すれば、山本のころんで困っている場所への
経路もGoogleが検索してくれてナビもしてくれ、いち早く駆けつける事が出来ます。

メールの発信先はいくつもできますので、ご自宅や一緒に走るメンバーなどを登録しておけばサイクリング中にはぐれて
何かあっても連絡が行くのです。

少しでも家で待つ人に心配を掛けない為にも、自分の緊急時の為にもお勧めのデバイスです。

注:スマホが無いとメールは飛びません。