20180313-checkpointalr5_22630_a_primary.jpeg
TREKからの切り口
◎まったく新しいCheckpointは、トレックのこれまでのラインアップになかった、舗装路、ダート、グラベル、どこを走っても最高に楽しいグラベルロードバイクです。

◎Booneと比べて、ほぼ同一のリーチ、やや高めのスタック、低めのボトムブラケット下がりを採用。

◎ボトムブラケットの位置を下げて、長距離ライドで求められる安定性を高め、短めのホイールベース、長めのリーチ、比較的低いスタックが機敏さと操作性を高めます。

◎普通のロードライディングに飽きたユーザーへの新しい遊び方のご提案

特筆するスペックは
・45Cのタイヤクリアランス
・最大4本のウォーターボトルをフレームに搭載可能
・シュワルベ 35cグラベルタイヤを標準装備
・フラットマウント油圧ディスクブレーキ
・前後12mmスルーアクスル
・Stranglehold 調整式ドロップアウト
・11x34のワイドギア
・フルシマノコンポーネント

20180313-20180313_194959.jpg
まずは分解してからの組み直しを行っております!
ワイヤーの取り回しも変更しました。
20180313-20180313_194845.jpg
気になっていた部分を確認
タイヤサイズ45C(かなり太い)まで使えるってことは、フレームとタイヤの干渉を避けるために
後ろに車軸をずらす機構があるはず、という事はディスクブレーキの台座も一緒に動く、という事は
かなり強度の必要なディスクの台座はどのような造り込み?
・・・・・ん~なるほどディスク台座はリヤホィールの固定と一緒にスルーシャフトでしっかり固定される上に
ボルトでも固定されるので安心でした。

20180313-20180313_194814.jpg
35Cのタイヤでこれくらいのフレームクリアランス。45Cでも余裕ありそう、そして45Cならかなりのトレールも楽しめそう。

試乗できるようにします!

4月8日のBPSなかやまサイクルフェスタ 試乗会へも持っていきます!