土生(はぶ)の町へ到着。生名島立石港行きのフェリーが着く土生港長崎桟橋を確認。ここで自由行動とし、散らばって昼食です。因島はお好み焼きが有名でいんおことも呼ばれています。が、お昼時のこの時間は予約でどのお店も鉄板が埋まっていてかなり待たないといけないみたい。結局だれもいんおこを食べることは出来なかったようです。残念。。。
 私はKさんと焼き肉屋へ。先客はなく空いていました。
ランチ定食のようなものはなくご主人からカルビとご飯とスープで1000円でどう?との提案がありお願いしました。
ご飯は茶碗大盛りでさらにキムチも付いておなか一杯でした。まさかお昼から肉を焼くとは思っても見ませんでしたが。
味道園さんです。ありがとうございました。


12時35分のフェリーで生名島立石港へ。3分で到着。70円です。岡山市内の路面電車より安いです。
自転車は現在かみじまサイクルフリーパスで無料です。


生名橋を渡って佐島へ。
ここではかねてから行きたかった場所へ。途中民家の庭先を抜けるハプニングがありましたが基本1本道を進みます。



そしてたどり着いたのがここUターンブルーラインです。きれいなビーチで行き止まり。この時は釣り人の車が二台止まっていました。なにもないそのことが贅沢です。
Uターンなので引き返します。


島の真ん中を横断し弓削橋で弓削島へ。弓削港で休憩後因島へ戻るフェリーの着く上弓削港へ。約3キロです。
乗ったのは14時40分のフェリー。ここは船内で料金をはらう仕組みです。こちらは1人100円でした。


 再び土生の町を抜けて北上しスタート地点へ戻ります。予定ルートに入れていた白滝山は有志で上ってきました。
自転車道が因島フラワーセンター方面へ右折するところで別れました。


 珍しいロータリーの分岐から上の駐車場へ。そこから10分ほど急な坂道と石段を上ると石仏が居並ぶ山頂です。
前回(2014年)は駐車場まででここまで上らなかったのです。ロードシューズでは歩きにくいですがここまで来る価値はありますね。360°の大展望とはまさにこのこと!


 因島大橋を渡り向島に戻ってきた頃にはすっかり日が傾いていました。が暗くなる前に洋ランセンターの駐車場に到着。

ロング班チャレンジの方の到着を出迎えて全員無地完走!お疲れ様でした。

参加いただいた皆様ありがとうございました。
楽しそう!と思ったあなた。次回お待ちしています。よろしくお願いします。

走行ルートはこちら。