杉並木二百地蔵
とうとうこの旅も最終日になってしまった。朝食前に再びカメラを持って町を散策。まずは町の北の外れの杉並木とその奥の二百地蔵を見に行く。
薬屋変わったメニュー酒屋
その後町の気になるものを写真に切り撮っていく。
民宿とピナレロ
昨夜見たロードバイクは今朝も無事に立っていた。
流し台
宿に戻り一番気に入った流し台を写す。アルボースがいいね。


鳥居トンネル歩道狭すぎ!
 8時半頃民宿しまだを出発。当初すぐ近くの奈良井駅から輪行しようかと思っていたがこの駅には特急が停まらない。乗り継いでもいいのだが待ち時間等考えると特急停車駅の木曽福島まで走ったほうが楽そうなので今日は20kmのサイクリングだ。
 さて木曾福島へ行くにはまた鳥居峠を越えなければならない。しかし時間の都合もあるので今日はトンネルへ。このトンネル完成が古いので自転車の通行のことなんてなーんにも考えられていない。まず車道左側を走っていると自転車は歩道へ入れと指示が出る。交通量の多いこの国道を右へ横断せよということか!危険じゃないか。しかし写真を見るとわかるがこの狭く長い(1700m)トンネルの車道を行くのは自殺行為だ。仕方なく歩道へ。だがこの歩道がまためちゃくちゃ狭い!前から自転車が来たらすれ違えないじゃないか。てゆうか乗って走るのが怖い狭さだ。まさにここは現代の難所である。
走るのならこんな道がいい
その後はなるべく国道から外れて旧道を走る。やっぱりサイクリングはこんな道を走らないとね。
木曾福島駅蕎麦で乾杯
10時半木曾福島駅着。自転車を素早くばらして駅前の店で昼食。めぼしい店がなく食券スタイルの喫茶店風の店でざる蕎麦大盛りとビールを頼む。味はまあまあかな。昨日のほうが断然うまかったけど。
木曾福島駅ホームにて
特急と新幹線を乗り継いで帰宅。新幹線は混んでいて名古屋からは立ちっぱなしであった。

おわり


走ったコースはこちら


PENTAX K-7