本日の朝連は梅雨明け直後の猛暑の中空港コースを23人で走ってきました。

個人的に今日は試乗ホイールであるmavicのR-Sysを試してみました。トラコンプテクノロジーを採用したこのホイールは前後で1390gと軽量でヒルクライムに適したホイールです。
 確かに0発進や低速から時速30kmくらいへの加速は気持ちいいですね。スポークが太いので高速域では空気抵抗が増すのではと言われていますが僕が普段走るスピード域ではあまりデメリットはなさそうです。
 笠井山の上りでは途中で失速するのを覚悟で前半がんばってみました。次のレスパールの上りでは各自ばらばらに上り始めたので一人で走る時間が多く追い込めませんでした。
 最後のカバヤは最終班で。冬場のゆっくり班はもうなくペースは速めです。昨年から参加されている方もグングン成長され速くなっています。
 ですが慣れてきた頃が危険です。今やっているツールドフランスでも何でもないところで落車しているシーンが映し出されていますが多いのが前走者と車輪が当たってしまいバランスを崩して転ぶという状況です。
 楽するために前走者に近付くのは良いのですがちょっと気を抜くと落車につながってしまいます。事故なく安全に走ってこその楽しい自転車ですからお互い気をつけていきましょう。

 明日は大山をぐるっと回ってこようと思っています。またレポートします。