雨の多いGW前半戦でしたが令和元年となった5月1日、2日と小豆島へキャンプサイクリングで行って来ました。
今回試したのが完全防水のバックでお馴染みのオルトリーブのバイクパッキングスタイルのパニアバック、グラベルバックQL2.1です。サイズはスポーツローラークラシックと同じ25リットル(ペア)ですが素材等の見直しで1160gとかなり軽量。スポーツローラークラシックが1590gなので430gの軽量化です。
同じバイクパッキングシリーズのシートパックと同じデザインなので見た目もすっきりします。




これは3月に山口を走った時の装備です。サドルバックを止めて中型のパニアバック、スポーツパッカークラシックQL2.1のみを使用。このパニアはペアで30リットル、1750gです。

GWのサイクリングの前にカタログを眺めているとある事に気が付きました。

1枚目の写真の仕様、シートパックM 11リットル、325g。グラベルバック 25リットル、1160g。合計36リットル、1485g。

という事は2枚目の写真のパニアバックだけよりも容量6リットル増量で重量は265g軽いのです!これは大発見!!




容量アップで今回はダブルウォールの2人用テントと椅子を持って行く余裕が出来ました。背もたれのある椅子があるとキャンプ生活が優雅になります。



ちなみにお正月休みの時の装備はこれでした。大型のバックローラークラシックQL2.1とシートパックMで総容量55リットル、総重量2225g。
冬はどうしても防寒対策が必要なので装備が増えてしまいます。でも工夫すればもう少し減らせるかなあ。

旅そのものも楽しいですが出発前に装備をあれこれ悩んで選ぶのも楽しいですね。
サイドバックに関しては事前にお伝えいただければサイズ感や固定方法など実際に見てアドバイスできますのでよろしくお願いします。