気ままな日記&Bodygeometry FITボディジオメトリーフィット日記
やまもこやまのもこ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 15 | 16 | 17 || Next»

2018/12/11: 責任からの解放 MIPS&ANGI(ミップス&アンジー)ヘルメット

2019モデルのスペシャライズドヘルメットには全てMIPS(マルチディレクショナル インパクト プロテクションシステム)が搭載されます。
従来のヘルメットは頭部への衝撃を発泡ウレタンが吸収する事で頭部への外傷を抑えていました。

MIPS(ミップス)は、ヘルメットが頭部への外傷を防いでも脳震盪を起こす危険性があるという事実から、開発されました。


動画のように、頭部への衝撃のほとんどは斜め方向からの物が多く、首のしなりに伴う回転力が脳にダメージを与え脳震盪を引き起こします。
バイクで転倒すると、ちょうどボクシングで顎にパンチを食らったような衝撃が、脳に与えられるという感じです。

MIPSの脳を保護する機能は実際に検証され事実脳震盪の危険性がかなり減少する事が分かっています。
誰もがコケたくてコケるわけじゃないですが、いつ突然に転倒してしまうかも分かりません。MIPS搭載ヘルメットを使用する事でリスクが減るのなら
使わない手はないですよね。

ただ、ひとつ問題がありました。MIPSはヘルメットの持つクーリング効果(涼しい)や軽量性が失われやすいのが欠点です。
スペシャライズドはMIPS社と共同開発したクーリング性能と軽量性を両立した新世代のMIPSシリーズを開発しました。
20181211-brd-3523_angi-mips-faq_featured-mips-a.jpg
其々のヘルメットの使用用途を考慮した専用設計のMIPSを用意し、快適性とフィット性、クーリング性と軽量性をバランスを取りました。

20181211-dsc00535.jpg
EVADE IIやプリベールIIなどロードMTB,シクロクロスレーシングなどで人気のモデルには軽量性とクーリング性能を最大限に重視したMIPS SLを搭載します。

20181211-dsc_1564.jpg20181211-dsc_1566.jpg
PROPERO IIIやエシェロンなどの中級者向けモデルはMIPS Cを搭載し、従来のMIPSよりもクーリング効果を向上させています。

20181211-dsc_1570.jpg20181211-dsc_1567.jpg
子ども用ヘルメットのMIO(左)やシャッフル(右)にもMIPSを搭載。
大切な我が子を守れるのは、親としてはとても安心できると思います。


20181211-brd-4606-angi_faq_hero_1440x810.jpg
ANGI(アンジー) スペシャライズドが独自に開発したエマージェンシービーコンです。

ほとんどのサイクリストはサイクリングに出かける時、家族に行先や走行ルートなど伝えないと思います。
精々、何時から何時まで走ってくる。どこ方面へ走ってくる。位でしょう。

自分も含めあまり意識してない事ですが、サイクリストが負う責任はいくつかあります。
・大切な家族への連絡の責任
・同行した仲間のもしもの時の救助とその家族への連絡の責任

さらに、貴方が大けがをすれば職場にも迷惑が掛かりますし、その間の収入の事も心配になります。
その他にもたくさんの責任を負っている私たちは、自分の身を自分でちゃんと守り、自分の居所をちゃんと伝えるべき人に伝えなくてはいけません。



「責任からの解放」
ANGIはサイクリストを様々な責任から解放することが出来ます。

20181211-specialized_tyler_roemer_hires-039-squashed_fileminimizer_.jpg

ANGI 「Angular and G-Force Indicator」、すなわち「角度および重力加速度検出機」です。
ANGIの搭載されたヘルメットはバイクの転倒中に発生する、頭部に直接かかる力と脳を揺さぶる回転力を測定するセンサーを搭載した、特許取得のデバイスです。

ANGiは頭部に直接かかる力と回転力の測定に加速度センサーとジャイロセンサーを使用します。


サイクリストが転倒し頭部にダメージの危険性があるとANGIが検知すると、
スマートフォンアプリ「SPECIALIZED Ride」が連携してカウントダウンを表示し合わせてブザーも鳴ります。
サイクリストに意識があり、動く事が可能であればアプリのカウントダウンを停止させ、再び走り始める事も可能でしょう。

もしも、サイクリストの意識が無い場合はアプリのカウントダウンはそのまま0になるまで進みます。
カウント終了すると、アプリにあらかじめ登録しておいた家族や職場、友人など伝えるべき人に
「サイクリストの位置情報を含むテキストメッセージ」が複数の送り先へ送信されます。

これによって転倒したサイクリストの位置も分かり、そこへ救助に向かう事や、救急車を要請する事も可能になるわけです。

これこそが「責任からの解放」と言うANGIの本領です。


スマートフォンアプリ SPECIALIZED Rideは
他にもストラバなどと同等のサイクリストの欲しい機能が全て入っています。
トレーニング管理のカレンダーやサイクルコンピューター機能は当たり前です。
ANGIについてはこちら

大切な家族や友人、など自分の周りの人間に迷惑をかけない大人なサイクリストになりたいですよね。
MIPSとANGI搭載ヘルメットは貴方を大人なサイクリストへしてくれる唯一のヘルメットですよ。



Posted by: やまもこ

2018/12/10: エアロって効果あるの?

S-WORKS Vengeに代表するエアロロードバイク。
様々なメーカーが色んなエアロバイクを作っていますが、エアロって効果あるの?
仰々しい形じゃなくてシンプルに軽く作った方がロードバイクは速いんじゃないの?と思う方も少なくないかもしれません。

この動画を見てみて下さい。


この動画のバイクはエアロロードではありません。
ルーベと言うエンデュランス系の超快適なロードバイクです。
ルーベは一般的なロードバイクと同じようなケーブルやブレーキホースが露出する設計をされていますが、そのケーブル類を完全に失くしてしまうと
なんと40km走って12秒も速くなるのですね!これがエアロ効果です。

null
よく、エアロ効果は速い速度じゃないと感じられないとか、得られないと仰る方も有ります。
実際は、ロードバイクと言う物体が空気中を進めば、速度に関わらず空気抵抗が発生しますから、エアロ形状であれば速度に関係なく空気抵抗が減少するんです。
空気抵抗は速度ではなく、時間で見る事が大切です。

例えば、100kmの距離を3時間で走ってしまうライダーと4時間で走るライダーとでは、
同じエアロロードバイクで走った時にどちらが大きな恩恵があるでしょうか?


答えは、4時間で走るライダーです。
4時間で走るライダーには3時間で走るライダーよりも1時間もの間エアロの恩恵が得られるからです。
自転車と人間の空気抵抗の割合は 2:8(自転車:人間)です。速度が上がれば上がるほど空気抵抗は高くなっていく事はご存知だと思います。
という事は、速い速度になれば人間の空気抵抗が大きくなり過ぎてしまい、かなり低い姿勢を取らないと自転車のエアロ効果を打ち消してしまうほどになってしまいます。
その低い姿勢はプロ選手のような姿になるでしょうから、姿勢を維持するのも辛いかもしれませんね。

速度がそれほど高くなければ空気抵抗もそれほど高くないですから、人間の空気抵抗もそれ程ではないです。低い姿勢も取る必要が無く、
でも自転車のエアロ効果はちゃんと仕事をしてくれます。


ケーブル類も空気抵抗を生み出すものという事がこの動画を見れば分かると思います。
ケーブルの露出しないエアロロードバイクはロングライドにこそオススメなんですよ♪


Posted by: やまもこ

2018/09/12: DISCブレーキはメリットだらけ

2019モデルも発表されて増々ロードバイクのDISCブレーキ化が進んでいますね。
話題のDISCブレーキにお店で触れてみた方も多いんじゃないでしょうか?

そんな中で、そもそもDISCブレーキって何がすごいの?って思ってる方は多いんじゃないでしょうか。

20171221-dsc04802.jpg
DISCブレーキのメリットとは?
・悪天候や路面の悪い場合に制動力が落ちにくい。
・速度のコントロールがしやすく、急激なブレーキのかかり方が少ない。
・ブレーキパッドの交換サイクルが長く、交換頻度が少ないので経済的。
・ブレーキ時のダスト(ゴミ)が出にくいので、自転車が汚れにくい。
 ホイールのブレーキ面が汚れてきたなくなる事もないので、綺麗なまま使える。
・特に油圧式はレバーを軽く握るだけでしっかりとブレーキを利かせられるので握力の小さい女性にも扱いやすい。
・リムが削れることが無いのでホイールの寿命がとても長くなる。


と言う風に、リムブレーキと比べてもメリットが多いのが特徴です。
現在、リムブレーキを使用していて特に不満を持っていない方もたくさんいらっしゃると思います。
でも、店頭でDISCブレーキ搭載のロードバイクやクロスバイクに試乗していただくと

「思っていたよりも自然に違和感なく使えた」「もっとガツンとブレーキが利くと思っていた」

など、自然に使える印象を持つ方がほとんどです。

メーカーが上手にモノづくりをしているのですが、なぜそんなに自然に使うことが出来るのか。
上で書いた特徴を少し解説してみるとその優位性がちょっと見えてきます。

null
自転車を安全に停車させたり、安全な速度にコントロールする為にはタイヤと路面との摩擦を起こさせる事が必要です。
そのために自転車の車輪の回転を止めようとするものが「ブレーキ」です。
ですから、ブレーキの形状や方式に関わらず車輪を止めようとするもの全てブレーキと言えます。
20160204-s-dsc_0675.jpg
タイヤと路面の摩擦とは。
タイヤはツルツルと滑らない「ゴム」と言う素材で作られています。
路面に対して転がりはしても、回転していないタイヤを引きずると、ズリズリとなかなか動かない感覚が有りますよね。
この抵抗感が路面とタイヤの滑りにくさ「摩擦(グリップ力)」と言います。

つまりブレーキは車輪の回転を止めようとする事でグリップ力を利用し、自転車の速度をコントロールするという事になります。
nullnull
なので、路面の状況によってブレーキの利き方も変わってくるんですね。
舗装路と土では摩擦抵抗が違いますから、土の方がブレーキは利きにくいです。
20111209-sP1040360.jpg
さらにぬかるんだ路面はもっと利きません。
街中だと、濡れた路面と乾いた路面は違いますし歩道の点字ブロックやタイル、鉄板を敷いてある路面なども同様ですね。

これは、ブレーキの制動力がグリップ力よりも大きくなってしまい車輪がロックすると、路面の摩擦抵抗が限界になってしまいスリップ(滑る)するという事なので、
ブレーキを強くかけすぎる事でも起こってしまいます。ブレーキの方式に関わらず、この関係は変わりません。


さて、ではリムブレーキとDISCブレーキの何が違う事で悪天候や悪路で制動力が落ちにくく速度コントロールがしやすいのか。
20171221-________________________.png
リムブレーキではブレーキがタイヤの近くで作動する為、ブレーキをかけた時に車輪を止めようとする範囲(ブレーキの作動範囲)と
タイヤが路面に対してグリップ力を発揮する範囲(制動力が及ぶ範囲)がほとんど同じくらいになります。

これだと、ブレーキの制動力≒グリップ力となるのでとてもリニアで良くブレーキが利く反面、濡れてたりぬかるんだりツルツルしたスリッピーな路面では
路面の摩擦抵抗が小さいので、グリップ力がブレーキの制動力よりも小さくなりやすいため車輪がロックしてしまい滑りやすくなってしまいます。


対して、DISCブレーキは車輪の中心に近い部分でブレーキが作動するので、ブレーキをかけた時に車輪を止めようとする範囲(ブレーキの作動範囲)よりも
タイヤが路面に対してグリップ力を発揮する範囲(制動力が及ぶ範囲)がかなり大きくなってくれます。

制動力が及ぶ範囲が大きいので、急激なグリップ力の上がり方にならずスリッピーな路面でも滑りにくくコントロール性が失われにくいのが最大の利点です。
ブレーキレバーを目いっぱい握ればグリップ力が上がるので、よりブレーキを利かせられます。
リムブレーキとの大きな違いは、ブレーキの制動力を弱い力から強い力まで滑らかにコントロールする事がしやすいので、
ブレーキを利かせすぎたりしないで(車輪をロックさせないで)安全に速度のコントロールを行える
点です。
null



Posted by: やまもこ

2018/07/07: 2019 ALL NEW MADONE SLR !!

2019はエアロロードバイク祭りとなりますね。
TREKも最新のエアロロードバイク MADONE SLRを発表しました!!

以下TREKウェブサイトより引用
20180706-1jp.jpeg
まったく新しい究極のレーシングバイクであるMadone SLR、そしてMadoneのスピードをお手軽な価格で提供するMadone SLを発表します。
今回発表するMadone SLRは、Madone 9の世界最高の空力性能と軽量性を維持しつつ、ディスクブレーキの選択肢と、
競合モデルを圧倒する振動吸収性を実現し、プロからアマチュアまで、すべてのライダーのためのエアロロードバイクになりました。

20180706-7.jpeg
まったく新しい調整式トップチューブIsoSpeed
新型Madoneに搭載された新たなトップチューブIsoSpeed機構は、ライダーの好みや路面に合わせて振動吸収性を調整できます。
新型Madoneは、振動吸収性を最も高めにセットした場合、現行モデルと比べて、振動を最大で17%多く吸収できます。
また新たにIsoSpeed機構に組み込まれたダンパーは、振動吸収の際に発生するリバウンドを13%抑えることに成功し、
最高のライドクオリティを実現しています。
従来モデルのIsoSpeedは、フレームサイズごとにシートチューブの長さが異なるため、フレームサイズの違いで振動吸収性に違いがあり、
小さいサイズではやや硬めの乗り味となっていました。
新モデルのIsoSpeed機構が搭載されるシートマストのサイズはどのフレームサイズでもほぼ共通であるため、
縦方向に全く同じ振動吸収量を得ることができます。

20180706-5.jpeg
リムブレーキとディスクブレーキのオプション
Madone SLRはリムおよびディスクブレーキモデルから選べます。
ディスクブレーキモデルは、空力性能を損なわずに申し分のない制動力を発揮します。


20180706-geometry_14790_road.png
まったく新しいジオメトリーとOCLV700フレーム

Madone SLRに採用された新たな「H 1.5」 ジオメトリーは、Trek SegafredoやTrek-Dropsチームと開発された最適なフィットです。
フレームのジオメトリーは1種類にしながらも、後述する新しい専用ハンドルバー&ステムのフィットバリエーションを増やすことにより、
従来モデルよりも多くのポジションセッティングを実現しています。またジオメトリーを一本化することで、
すべてのMadoneユーザーにOCLV700シリーズのフレームを提供することが可能になりました。

20180706-6.jpeg
まったく新しい2ピースエアロバー/ステム

Madone SLRは新開発の2ピースの専用エアロバー/ステムを採用しています。
多くのステム長、ハンドルバーサイズを選ぶこともでき、バーを前後に5度傾けられることから、
従来モデルの26通りの1.5倍以上の40通りのポジションセッティングを実現しています。性別を問わず、
多様なレース向けのフィットを一体型エアロコクピットと共に得られるようになりました。
またMadone 9と同様の汎用ステムへのコンバーターの発売も予定しています。

20180706-4.jpeg
今までにないインテグレーション
新型Madone SLRは、目に見えないワイヤリング、フロントエンドのエアロ形状、エアロコクピット、
内蔵ブレーキ、シートマスト、Control Center、3S エアロチェーンキーパー、最適なウォーターボトルの取付位置、
ボントレガー Flare RT テールライトを一体化できるマウント、アクセサリーを一体化できるBlender マウント、
ANT+とBluetooth®に対応したDuotrap Sを採用することで、すべてが統合されたシステムを実現しています。

20180706-2jp.jpeg
Madoneをより多くのライダーに。Madone SL登場。
Madone SLは、比類なきレーシング性能をより多くのライダーに提供するために開発されたミドルグレードのMadoneです。
Madone 9.0をベースに、500シリーズOCLVカーボンフレームを用いることで、お求めやすい価格を実現しています。
なお、Madone SLはリムブレーキモデルのみとなります。

引用終わり

楽しみですねぇ!!エアロモデルとしての2世代目に入るMADONE。乗ってみたい1台だと思います。
20180706-aero_1-up_16x9-1.jpg20180706-cfd_image_16x9.jpg

TREKは、自社で風洞実験施設を持ちませんが風洞実験も行っています。スペシャライズドのようにいつでも何度でも実験を気軽に行える状況ではないでしょうが、
そこはTREKの技術力と開発のノウハウによって補っている事でしょう。
今や自転車メーカーの開発には欠かせないものになった、CFD(数値流体解析)は、風の向きや強さなど様々な条件でのエアロ効果をコンピューター上で再現しシミュレーションします。

これらの実験で得られたデータもMADONE SLRの開発に活かされているんです。








Posted by: やまもこ

2018/07/03: 2019 The All New S-WORKS Venge !!

20180703-road-1943-hp-hero-1440x810.jpg

「 AERO IS EVERYTHING」エアロこそ全て。

私たち自転車乗りがロードバイクに乗って走る時、どんな速度でも必ずそこにあり闘う事になるのが空気抵抗です。
SPECIALIZEDがエアロロードバイクの先駆けとなった初代S-WOKRS Vengeをリリースしてから7年。
スペシャライズドは数々のロードレースタイトルやステージの勝利を持って「エアロこそ全て」であると証明してきました。

そして、当時世界最速を誇ったTTバイクであるSHIV(シヴ)と同等のエアロ性能を達成したS-WORKS Venge ViAS(ベンジヴァイアス)を2016年にリリース。
ピーターサガンやマルセルキッテルと言ったワールドクラスのスプリンターに幾多の勝利をもたらし、さらにその速さを証明しました。

20180703-dsc00427.jpg
新しくなった S-WORKS Venge
ぱっと見はVengeViASのマイナーチェンジのようにも見えますが、中身は別物でした。
試乗した感覚を簡単に説明すると、
物凄く軽快になって、スピードの上げ下げもターマックと遜色のない登れるようになったVengeでした。
これは正直モンスターバイクです。
現時点で最速のバイクの一つでしょう。


さて、new Vengeについて詳しく書いてみようと思います。
少しでもこのバイクの凄さが伝わればと。参考にしてくださいね!

今回の開発のテーマとなったのは「空力」「重量」「ハンドリング」の3つ。

まず、「空力」はVengeのアイデンティティそのものですが、
スペシャライズドが自社で建造したWINTUNNELが今回の開発にも充分に活かされています。

自転車メーカーがこのようなエアロロードバイクを開発する時、普通は風洞実験施設を借りて実験し、データを得て開発に活かしていきます。
その風洞実験施設は時間貸しですので予め決められた実験項目に沿って速やかに実験を行っていくのですが、実験の最中に「別の場合はどんなデータが得られるんだろう?」
と言った閃きがあっても限られた時間の中ですから次回の機会に持ち越す事になってしまうそうです。
20180703-dsc00430.jpg20180703-dsc00431.jpg
(ハンドルのディンプル加工は空力的意味は無いそう。滑り止めの意味があります。バーテープの巻き終わりがハンドルと面が揃うように段が付けられています。)

自社で風洞実験施設WINTUNNELを持つスペシャライズドは時間の制約がありません。これはものすごいアドバンテージで、何か月先に施設を借りるための予約も不要ですし
その場の閃きで多様な実験をその都度行うことが簡単なのです。
さらに、アメリカにある3つの風洞実験施設にもいろいろな物があるそうで、どれもロケット開発などの航空宇宙産業用や車などを対象とした大型の施設ばかりです。
ロケットも車も自転車と比べると大きさも違いますが、何よりもその形状に大きな違いがあります。
自転車のように複雑な多面体形状を持たない車やロケットなどの場合は、風洞実験施設で整流し当てる風の精度が異なります。
例えば、自転車のフレームのステムの角度が水平なのか僅かに上がっているのか、フレームのパイプの形状が楕円形とティアドロップ型でどちらが優れるのか、
風の向きが真正面からなのか角度が付いているのか。
WINTUNNELの自転車専用に整流された風は、細かな条件の違いで大きな実験結果の違いが計測できます。
複雑な多面体を持たない形状の空力測定には高精度の風の整流はあまり必要ありません。
20180703-dsc00436.jpg20180703-dsc00437.jpg
自社で風洞実験施設を持つという事は時間、費用、効率、データの精度、開発の速度、そして商品の価格。すべての面で他メーカーを圧倒するアドバンテージなのです。


続いて「重量」。これはエアロロードバイクにとって避けられない問題と言われ続けていました。
今まで登場した全てのロードバイクが「究極のエアロ」と「重量化」の狭間で悩まされてきました。
20180703-_____________________.jpg
今までのフレームづくりに使われてきたカーボンシートの枚数が左です。
それに対し、最新のライダーファーストエンジニアードを用いて作られるフレームのカーボンシートの枚数は、右のようにとても多くなります。
今までは、大きなカーボンシートを重ね合わせてフレームの強度と軽量性やしなり易さをコントロールしてきましたが、
ライダーファーストエンジニアードはフレームサイズごとに想定されるライダーの体格に合わせて、カーボンシートの枚数を調整。
重ね合わせる部分を極力減らして軽量化と剛性の確保を実現しました。


これによってVenge ViASよりもフレーム重量(フレーム+フォーク+シートポスト+ステム+ハンドル)で460gもの軽量化を達成しました。
20180703-dsc_1473.jpg
Venge ViAS56cmの完成車と new S-WORKS Venge56cmの完成車重量比較では、実に600gも軽いです。しかもnew Vengeはパワーメーター付き!
フレーム部分は240gも軽く作る事が可能になりました。それも、「エアロ性能を全く犠牲にしないで」です!
この450gを先代のVenge ViASから実際に削ってみると。
20180703-dsc_1474.jpg
こんなにも削らなければ同じ重量にならないのだそうです。


3つめの「ハンドリング」
他メーカーのエアロロードバイクがそうであるように、Vengeもエアロロードバイク特有のまったりしたハンドリングがあった事は事実だと思います。
レースバイクにしては「ゆっくりな」印象を持つハンドリングは、ライダーファーストエンジニアードによって劇的に改善されています。
S-WORKS TARMAC SL6がそうであったように、とても自然なコーナーリングは舵角に対してのフォークのオフセットやトレールを見事に調整したおかげだと思います。
この「ハンドリング」と言う感覚に直結する性能はデータだけでは素晴らしいものは作りえないものです。
20180703-dsc_c1463.jpg
new Vengeの開発には、プロロードレーサーのキャメロンパイパーと言う人物が深くかかわっています。
彼は、ツアーオブジャパンで総合10位を獲得するほどの本当のトッププロでもあり、「ハンドルの舵角によるエアロ」を大学生の研究テーマとするなどトップのエンジニアでもあります。
スペシャライズドに入社した彼はnew Vengeの開発チームへ入りながら、実際にテストライダーとしてもハンドリングの改善に貢献しています。
他にもクイックステップのフェルナンド・ガビリア選手などテストライダーからの「感覚」のフィードバックを受け、素晴らしいハンドリングが実現しました。

店長も楽しそうに走ってますね。僕も乗った感じではかなり素直なハンドリングでとても扱いやすく感じました。
スプリントしてもダンシングしても文句のない出来。安心してお勧めできるバイクです。

20180703-dsc00428.jpg20180703-dsc00429.jpg
20180703-dsc00440.jpg20180703-dsc00442.jpg
ついにお目見えのスペシャライズド パワーメーター!!
20180703-dsc00435.jpg20180703-dsc00448.jpg
ステムのカバーを外すと通常の作りです。カバーは2種類あって、スペーサーが上に積めるものがあります。

20180703-dsc00443.jpg20180703-dsc00447.jpg
カーボンはFACT11Rを採用。ターマックSL6の12Rよりもやや柔軟性があります。これが乗り心地をよくさせるのでしょうね。
BBベアリングはセラミックスピード。
20180703-dsc00454.jpg20180703-dsc00455.jpg
エアロハンドルはサイクルコンピューターの取付に苦労しますよね。
今回はちゃんと専用マウントとその裏にカメラやライトが取り付け可能なGoproマウントを標準装備。
20180704-mzkdsc00450.jpg
S-WORKSグレードの下のグレードもnew Vengeですよ!これもものすごくよく走る!!
20180703-dsc00439.jpg
エンド部の作りはマウンテンバイクのようなしっかりした形状。
もちろんスルーアクスルです。
20180703-dsc_1492.jpg
専用のエアロバーもありました。トライアスロンにも最高のバイクとなりそうです!

20180703-dsc00459.jpg



Posted by: やまもこ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 15 | 16 | 17 || Next»